<< からだルネッサンスmain食のはなしあれこれ。 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 フランス語外国語ブログ
cetegory : - - --
2016年12月27日(火)  by スポンサードリンク [ Edit ]
雲の後ろに太陽は輝く
Post nubila Phoebus.
(ポスト ヌビラ ポエブス)
「雲の後ろに太陽(神アポロ)が輝く」


苦しみは永遠に続くことはない。
我を忘れて精進していると、お天道様が照らしていることにふと気がついたりするものです。



と、言う様な天気でしたねーこの日。
さ、本日はいよいよ動詞にアタックして参ります。

現在形のコンジュゲゾン(活用)の第1ベースを習いました。初めて本格的な活用に触れて、最初はみなさんちょっと尻込み・・・だったでしょうか?

もう一度簡単にまとめてみると、

動詞の原形はいくつかのパターンがあって、第1ベースは同じような活用をするグループでした。その特徴は、
語尾が
next-ER(動詞の90%がこの形です): ex. parler, écouter
next-IR(type A) : ex. offrir
-----------------------------------------------------------
next-IR(type B):ex. courir
next-RE : ex. conclure, rire

-----の上下の違いは単数形 (je/tu/il又はon)の語尾が
上は e / es / e タイプ
下は s / s / t タイプ

複数形 (ils/nous/vous)は、この第1ベースに含まれる動詞全て共通で、

ent / ont / ez

になります。

コツは、ERの動詞を一個代表として覚えてしまうこと。これで、どんな動詞が来ても語幹(-ERより前の部分)を切り離して活用を当てはめていけばいいからです。
あとの4つのパターンは、このタイプにあたる動詞が極端に少ないですから、活用だけを覚えるより動詞を丸ごと覚えてしまったほうが簡単です。

さて、いきなりこのいくつかのパターンが並んで、軽くパニックが起こったところで、とてもナイスな分析が挙がりました。

「書き方は違いますが、(Je, Tu, Il, Ils)の四つは発音が全く一緒に聞こえるんですが・・・」

そうなんです。この一声、たぶん皆さんの中にしっかり刷り込まれたと思います。

私が勉強を始めたころの参考書は、みんな
J'aime      
Tu aimes    
Il aime
Nous aimons
Vous aimez
Ils aiment
という順番で律儀に覚えさせられたのですが、Ilsの活用がいつもあいまいになったものでした。

今、e-corでは複数の参考書を使っているのですが、最近のものは、イレギュラーな活用の動詞以外はほとんどが

J'aime  ジェム
Tu aimes  トゥエム
Il aime  イレェム
Ils aiment  イルゼェム
Nous aimons  ヌ ゼモン
Vous aimez  ヴゼメ


という順序で書かれています。この順番によって、上の生徒さんの分析が可能になってくるのですね。

さらに、e-corでは動詞の分類を古臭い第一グループ、第二グループ・・・という形にはしません。覚えるのにこのグループ分けはあまり役に立たないからです。

参考書は主にフランスのものを使っています。日本の教科書でいいものにめぐり合っていないもので・・・しかも、日本のスタンダードな教え方がかなりフランスでのものとずれていて、留学をしたりするとその修正にてこずるという余計な苦労をしなくてはならなかったりします。ただ、母国語の視点からの効果的な習得方法というのもあるはずなので、これからそっち方面も色々と探ってみたいと考えています。

大学でFLE(フランス語教授法)の授業を担当するのは現場経験者の先生達で、半分以上が現役で外国人にフランス語を教えていらっしゃる方々でした。彼らの話を聞くと、初心者への指導で心を砕くのが、生徒による活用の暗記をどれだけ軽減させるか、といったこと。

特に、アジア系の学生は一般的に生真面目(なかには糞真面目)なため、ベシュレル(動詞活用を羅列した有名な学習参考書)を頭から飲み込もうとする無謀な努力をして、目の下にクマを作る例が多いそうです。

その努力が心底楽しいという変態少々変わった方なら放っておくところですが、その苦しみも、大抵は実践の役には立ちません。現実はランダムにさまざまなボールを投げてくるのですから、ベシュレルの1ページ目から順番に出てくるわけではなく、相当な訓練をしなければとっさの場面で「!この単語はベシュレル第47番目のパターン、活用は単純未来三人称単数・・・」なんて頭の中でできるわけがないのです。

そうなると、肝心の場面ででくのぼうだった自分に嫌気がさし、「フランス語なんて大変なだけでちっともおもしろくない・・・あーあ、やめちゃおうかな・・・」という展開になってきてしまうのです。そんな風に挫折してしまうのって、つまんないし残念。

私自身はというと・・・以前から書いておりますが、文法学習をとにかく馬鹿にしていました。お恥ずかしい。多くの日本人に対する「文法の成績はいいが、発言をしない、何を聞いても自分の意見がない。」というレッテルに反発して、「文法なんて使ってるうちにわかるようになってくる、それより会話の流れに乗って、どれだけ教室でウケるかだ!」というわけのわからないルールにしたがって、フランス人もびっくりのごまかし方でその場その場を乗り切ってきました。ペテン師に近い技とも言えます。

多くの人たちは、「おお、こいつは日本人にしては珍しいタイプだ!」と私の「姿勢」に対して評価をしてくれましたが、実際の成績は芳しくないものばかり。本を読む時の辞書の引き方について、大それたことに先生に向かって意見したこともありましたっけね・・・若気の至りとしか言いようがありません。
当然、動詞の活用もなかなか覚えないまま。

今でも暗記は苦手なので、どうしたらより少ない努力で覚えてしまえるのかというのに日々研究を怠りません(笑)。そんな中、「ねむりと記憶」という記事にぶつかったのですが・・・→(Click!)

現在は眠らない人・代表で「さんまシステム」の更新が楽しみなほぼ日睡眠論。しかし、この「ねむりと記憶」は、暗記についてかなり参考になるものだと思います。

むやみに活用暗記に苦しむより、寝ろ!

の心意気で、寝る前にちらっと活用表を見て、おまじないのように唱えて電気を消す。

昨日ラテン語の名詞活用を思いっきり忘れていてかなりガーン!!(←古いなぁ)だったので、ちょっとラテン語のデクリネゾンで実験してみようかな。これについては、追記をしていこうと思います。
にほんブログ村 フランス語外国語ブログ
cetegory : Cours 教室 - trackbacks(0)-
2008年01月19日(土) 15:49 by まり [ Edit ]
にほんブログ村 フランス語外国語ブログ
cetegory : - - --
2016年12月27日(火) 15:49 by スポンサードリンク [ Edit ]

TRACKBACK
TRACKBACK URL
TOP
上エ